そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

「幸せ哲学」興味を持つことが幸せの本当の秘訣

「幸せ哲学」興味を持つことが幸せの本当の秘訣
           〜ラッセル『幸福論』〜
 
これは、今、不幸な人でも周到な努力によれば
           幸福になりうるという信念に基づく哲学書

 

「幸せっていいもんだ」と納得している人だけ限定

f:id:sonetaku:20171005091003j:plain

 『幸福論』の著者ラッセル(1872-1970)はイギリスで活躍した現代哲学者です。今回、扱う『幸福論』は哲学の中でも三大幸福論と呼ばれています。他2つはヒルディとアランの『幸福論』ですが、この2つの方が有名です。ラッセルのユニークな点は読者の方を限定し、幸せは望ましいものだと了解してくれる人としている点です。つまり、真っ向から「幸せなんてくだらない」と思っている人は対象とせず、「どうやったら幸せになれるんだろう」と幸せを望む人に読者を限定しているということです。こうした前提のもと、自己の体験を通して獲得した幸せについて著したのが今回扱う『幸福論』です。

 私の目的は、普通の日常的な不幸に対して、一つの治療法を提案することにある。それというのも、文明国の大半の人びとは、まさにそういう不幸に苦しんでいるわけだし、また、そういう不幸は、はっきりした外的原因がないので逃れようがないように思われるために、ますます耐えがたくなるからである。

 私の信じるところでは、こうした不幸は、大部分、まちがった世界観、まちがった道徳、まちがった生活習慣によるもので、ために、人間であれ動物であれ、結局はその幸福のすべてがかかっている、実現可能な事柄に対するあの自然な熱意と欲望が打ち砕かれてしまうのである。

 こういうことは、個人の力でなんとかなる事柄である。

 みんながみんな感じる日常の「嫌だな、面倒だな、やりたくないな、つまらない」といった不幸は、みんなに共通する不幸だと言っています。しかも、こうした不幸は我慢しても我慢しきれないと言っています。

 しかし、これに対してラッセルは「こうしたことはなんとかなる」と力強い言葉を添えています。なぜなら、自分自身が同じような不幸に見舞われ、徐々に幸福を獲得していった経験があるからです。非常に説得力がありそうです。彼の経験、考えを次のように自己の経験を語っています。

 5歳の時、つくづく考えたことは、もしも70歳まで生きるとすれば、まだ全生涯の14分の1を耐え忍んだに過ぎない、ということだった。そして、行く手に横たわっている長い退屈は、ほとんど耐えがたいものに思われた。思春期には私は生をいとい、いつも自殺の淵に立たされていた。しかし、なんとか自殺を思いとどまらせてくれたのは、もっと数学を知りたいという思いであった。

 今では、反対に、私は生をエンジョイしている。いや、年々年ををとるにつれて、ますます生をエンジョイしている、と言ってもよい。これは、ひとつには、自分がいちばん望んでいるものが何であるかを発見して、徐々にこれらのものを数多く獲得したことによる。

 ラッセルは、年をとることで自己が寛容になったとか、角が取れて丸くなったという内面からではなく、真に幸福になったのは自分の望みを知り、少しずつ獲得していったからだと言っています。この望みとは関心を持つことだと言っています。実は、関心を持つことが幸福の大きなポイントになり、関心には内と外という2種類あります。その点についてこのように述べています。

 しかし、大部分は、自分自身にだんだんとらわれなくなったことによる。次第に私は、自分の欠点に無関心になることを学んだ。だんだん注意を外界の事物に集中するようになった。たとえば、世界の状況、知識のさまざまな分野、私が愛情を感じる人たちなどである。

 外界に対してさまざまな関心を持っていても、確かに、それぞれが苦しみの種にならないという保証はない。世界は戦争に突入するかもしれないし、ある方面の知識はなかなかに達成しがたいかもしれないし、友人は死ぬかもしれないのだ。

 しかし、この種の苦しみは、自己嫌悪からわき出てくる苦しみと違って、生の本質的な部分まで打ち砕くことはない。

 外への関心と内側、つまり自分への関心の良し悪しを述べています。外への興味を抱くことは熱意を湧き起こし、幸せへと向かっていく。しかし、内への関心は自己嫌悪に陥り、結果として不幸をもたらすといったことを述べています。具体的に、内と外への関心とはどういったものかは後ほど説明します。ここでは、どうやら外へ外へと関心を向けた方が良さそうだと思ってもらえるだけで十分です。なぜ、外への関心を向けた方がいいかとう理由は下記になります。

しかも、外界への興味は、それぞれ何かの活動をうながし、それは、その興味が生き生きとしているかぎり、倦怠を完全に予防してくれるのである。反対に、自己に対する興味は、進歩的な活動に至ることは決してない。

 つまり、外へ向かって興味を抱けば、実際の行動に結びつき、それが"好きで楽しい"と毎日が充実すると解釈できます。一方で自分自身への関心は内へ内へと引きこもり、行動には繋がらないと言っています。

 今の時代に合わせると、外への興味があって自分のスキルを高めたり、交流を深めたりなどはよしとするが、単純に自分にだけ関心の矢印を向けているのはあまりよくないと読み取れます。

 

  では一体、どうやったら外への興味を持てるのでしょうか?

 

また一方で、

 

  自分への関心を減らし、

   日常の不幸から逃れるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 ここからは、この2つを考察していきましょう。まず、後者の自己への関心について触れ、最後、外への関心についてご紹介していこうと思います。


「自分のことばっか」内へ向かう興味の否定

f:id:sonetaku:20171005091214j:plain

まず、ラッセルのいう内側への興味、自分への興味とはどういったものかを紹介します。

 私たちを自己の殻にとじこめる情念は、最悪の牢獄の一つとなる。そういう情念のうち、最もありふれたものを幾つか挙げるなら、恐怖、ねたみ、罪の意識、自己へのあわれみ、および自画自賛である。これらすべてにおいて、私たちの欲望は自分自身に集中している。

 すなわち、外界に対する真の興味はみじんもなくて、あるのはただ、外界がどうにかして自分を傷つけはしないか、自分の自我をはぐくむことをやめはしないか、という気づかいのみだ。

 

 簡単に解説します。つまり、外に向かって何か興味を持つのではなく、自分自分と内への興味はいつの間にか外壁を作ってしまい、つまるところ不幸に陥ることを示唆しています。もう少し掘り下げてみていきましょう。

※情念:情念という聞きなれない言葉ですが、哲学用語です。これは感情や気持ちと考えてもらえれば十分です。

 

自分自身しか愛さない人は、確かに、愛情において八方美人的であるといって非難されることはない。しかし、熱愛の対象がいつも同じなので、結局は耐えがたい退屈に苦しむに決まっている。

 つまり、自分一人を関心の対象にしてしまうこと、これがいわゆる日常的にみんなが感じる不幸です。最終的には耐えられないほどに苦しむことになるといっています。

 ここから読み取れることは、自分への興味に没頭するのではなく、外への興味を持つことで生活に多様性を生んだ方が良さそうだいうことです。

では一体、外への興味とはどういったものかを見ていきましょう。


外への興味」"好き"って気持ちが幸せの幹 

f:id:sonetaku:20171005091033j:plain

   “外界への好意的な関心が幸福の源泉となる”

 ラッセルはこのように述べています。すごく重要です。解説を加えます。まず、彼のいう外界とは、趣味や道楽といったモノコトに対する関心と、自分以外のヒトに対する興味のことを言っています。切手をコレクションすることも政治に関心を抱くことも、ご近所さんや友人を大切にすることも外への興味に当たります。ただすごく重要なポイントがあります。好意的な関心か否かです

 たとえ、外への興味があっても悪意があったり、忌み嫌っての興味はダメなんです。下世話な話への興味や、人を中傷したりバカにするような興味や批判を含んだ関心ではありません。自分が好意を感じる、コトモノ、ヒトへの関心が幸福への獲得に繋がります。つまり、外への好意的な関心とは、自分自身ではない別のモノ、コト、ヒトを好きだったり、楽しい、嬉しいと感じることをいいます。ここを間違えてしまうと不幸なままです。外に向かって好意的な関心を持つことが幸福につながります。

 

まとめ 外への「好意的な」関心が鍵

 ラッセルがいうには、人は自分の内なることにばかり関心を寄せると退屈きわまりない心の貧しさを感じる。一方で、周りの人や世の中の出来事や趣味に興味を持てば、幸せへとつながると言っています。この時、ポイントになるのが外への好意的な関心か否かです。「いいな、好きだな、楽しいな」といった気持ちから関心を持つことが大切です。

 ただし、無理して好意的になろうとしてもいけません。なぜなら、それは自分という内に矢印が向いているからです。好かれようとする気持ちや自分の役に立つからという気持ちが半分以上あることは好意的な外への関心ではなく、自分への関心でからです。

 

そねたく思考

f:id:sonetaku:20171001144001j:plain

私はこう思います。

 今私たちにできることは、少なくとも外へも内へも非好意的な関心、つまり、悪意を減らそうと意識していくことだと思います。悪意をキーワードに考えると、TwitterSNSという外への発信は、悪意ある関心で溢れていると考えるようになりました。

 日頃のストレスへの緩和になっていると思われることが、実はどんどん自分を苦しめていくことになっています。これを知ったら、自分自身も含めて世の中の悪意が少しずつ減るんじゃないかなと思います。自分の心に悪意を飼っているか、好意なのか見つめ直そうと思えます。

 さらに、人を見る目も「この人は好意の人か、悪意の人か」という新しい見方も増えました。

  まあそんな感じです。

お読みいただきありがとうございます。皆様が「外への”好意的な”関心を持とうかな」と頭の片隅に入れておいていただけたら嬉しく思います。