そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

寝た気がしない?「熟睡できる」3つの法則

寝た気がしない?「熟睡できる」3つの法則
 朝、起きても寝た気がしないって嫌なもんですよね。実は、寝る前にちょっとした意識を変えるだけで熟睡できる方法があります。今回は、寝る前にやっておくだけで熟睡できる方法を2分でご紹介します。

f:id:sonetaku:20170916084933j:plain

1.寝る前はブルーライトを避ける
 まず、夜寝る前にパソコンやスマホは極力使わないようにします。スマホやパソコンからはブルーライトといって目には見えない光が発せられています。これは、目や脳に大きな負担をかけ、脳を興奮状態にしてしまいます。
 
 そのまま寝てしまうと脳に疲れが溜まったまま寝ることになります。このままでは脳がリラックスできていないので熟睡できません。だから、寝る前はできるだけスマホやデジタルデバイスを使わないようにし、ブルーライトからの刺激を避けるようにしましょう。
 
 
2.ストレッチで疲れを和らげる

f:id:sonetaku:20170916085533j:plain

 次に、ストレッチをして体をリラックスさせます。体をほぐすことで疲れを和らげます。またストレッチをやることで副交感神経を高めます。副交感神経が高まるとリラックス効果が生じるので、脳も休めることができます。
 
 こうしてストレッチをすることで体と脳の疲れを両方癒すことで熟睡しやすくなります。さらに補足として、ストレッチをする時に、ジャズやクラシックなどゆっくりとした音楽をかけながらやるとさらに効果的です。
 
 
3.深呼吸。何も考えないで

f:id:sonetaku:20170916090051j:plain

 最後に、深呼吸をして気持ちを落ち着かせます。実は、ここが熟睡するために1番大切なポイントです。鼻からゆっくり息を吸って、一度止めて口から息を吐くという動作を繰り返しやってください。この時、あれこれ考えないことです。ひたすら無心。
 
 考えることをやめて、ただ深呼吸を深くゆっくりゆっくり繰り返しましょう。すると、いつの間にか眠気がやってきて熟睡できます。
 
まとめ

f:id:sonetaku:20170916090212j:plain

いかがでしたか。今回は、夜寝る前にやっておくことで熟睡できる方法をご紹介しました。これで、朝起きても寝た気がしなかった人も熟睡できるようになります。ぜひ、参考にしてみてください。