そねたくのThink Hackラボ

問題解決力と論理的思考力を鍛えるために「考える力」を日々磨く。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪日々、前向きに、深く考えたい人のためのブログ*\(^o^)/*

決断も大切だが「1度した決断に従うこと」も同じく大切

f:id:sonetaku:20170908084000j:plain

決断も大切だが「1度した決断に従うこと」も同じく大切

大きな決断を下すことは大変だ。安定した仕事を捨てて、会社を辞める。今まで一度もやったことのない新しいチャレンジを始める。それぞれ。みんなと違うことをやると、批判もあったり冷笑されたり嫌な想いもする。それを受け入れる。覚悟を決める。決断は素晴らしい。だけれども、その先こそが勝負どこ。もう誰しもが気がついてしまっていること。
 
決めた瞬間が最高潮。ではいけない。必ず、決断した先に、うまくいかないことや計画通りにいかない日がやってくる。
 
思っていた未来とは違う未来は案外すぐにやってくる。その時、誰しも後悔する。悔しいが、自分が間違えていたと気づく。自分で決めた小さな約束すら守れず、自分を責める気持ちになる。現実、地味で結果がついてこないことばかり。
 
しかし、そこで諦めてはいけない。
 
自分が想像していた未来は思った以上に遠かったと知ったことが大きい。自らの経験を持って実感したことがデカい。実際に自分でやってみて、行動したことで具体的に課題を発見できた。この意味のある現実に目を向けよう。不安でどうしようもないこともある。だけど、頭を働かせて手を動かし足を使うしか道を切り開くことはできない。
 
自分が決めたこと、決めた日までは粘ろう

f:id:sonetaku:20170908083824j:plain

粘ろう。今、問われている。

決断を下したその瞬間以上に、問われている。
自分が一度決めたことに従って前に進めるか。強いメンタルは持っているか。今問われている。
 
撤退ルールは決めているか。

www.sonetaku.com

投資の世界では損切りといってよく使われていますが、自分自身の挑戦にも当てはめて活用しましょう。参考記事を読むのは面倒だと思いますので、撤退ルールについてサクッと記載します。ここでいう撤退ルールとは、「いつまでにOOに到達していなかったら、すっぱりと諦める」という自分への約束を指します。いつまでという期限を定めることで、ズルズルとフラフラと、いわば、どっちつかずの状況に陥るのを未然防止するためのルールです。自分が決めた撤退日に自分が納得のいく成果が出ていなければ、撤退を検討しましょう。裏を返せば、いつまでという期限があることで、いついつまでは頑張ろうと自分を鼓舞することができます。先ほど申し上げた「諦めてはいけない」というのは、自分が決めた撤退の時期までまだ時間がある場合は諦めてはいけないという意味になります。その時までは粘って、手を動かしましょう。足を使いましょう。頭を働かせましょう。
 
あらかじめ撤退ルールを決めておくことで諦めるタイミングも明確になり、それまでは粘ろうともう一踏ん張りできるようになります。期限を決めて粘りやすい体質を作り、せっかく決断できたことを行動に移しやすい自分を手に入れましょう。
 
そんなんで、よろV(^_^)V