そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

お昼後スタートにグンッと頭が冴える「タイムマネジメント」術

残り時間によって変える。昼明けは徐々にやるのがコツ 
8時間労働の中に必ず1時間の休憩があります。と同様に、仕事や勉強には必ず中断があります。特に、昼食後で仕事を再開するのは眠いし、しんどいです。タイムマネジメント常に終わりを意識することで気持ちが緩和されますが、昼休憩後は堪えます。「また頑張るのか」という弱音も吐きたくなるものです。この気持ちに勝つために、昼休憩後の仕掛け方にも工夫をしましょう。仕掛け方も工夫できるようになるとタイムマネジメントが身につきます。
 
お昼後でまだ終業まで時間が長いといった長期戦のタイムマネジメントは、
 
徐々にアクセルを踏んでいくスタイルを取ります。

f:id:sonetaku:20170816125247j:plain

昼から就業後までの2時間以上の長期戦の場合は、いきなりギアをマックスにしてしまうと息切れしてしまいます。お昼休憩後で目覚まし感覚で重いタスクに取り掛かると頭が働いていないのでそのタスクで全エネルギーを使い切ってしまいます。その後の仕事が思うように進みません。これを防ぐために、まず、簡単なタスクから始めましょう。筋トレでいきなり重いバーベルから始めるのではなく軽めのダンベルから慣らしていくのと同じ考え方です。

f:id:sonetaku:20170816125430j:plain

具体的に、メールを返信するといったことや不要なデータを削除するといった手と目を使う作業から始めます。こうした作業から始めることで頭も働きやすくなり、やる気も徐々に回復していきます。お昼休憩後の長期戦は比較的簡単なタスクから始めるルーティンを取り入れてください。

www.sonetaku.com

 
再開で一気にやるのが夕方以降や終わりが見える時
一方、夜疲れていたり、残業して「まだ終わっていないことに取り掛かりたい」といった短期戦のタイムマネジメントは、最初の5分に集中します。短期決戦は最初の5分に集中します。ガッとやるかやれないかがタイムマネジメントの勝負どころです。ウダウダしていても時間が過ぎるだけです。最初の5分に最も重要なことに取り掛かり、できなければもう諦めましょう。いくら長引かせて時間をとってももう頭が働きません。帰りましょう。寝ましょう。最初の5分に集中するには声に出して「やるぞ」と気合をいれることです。この一声が最後のエネルギーを絞り出してくれます。

f:id:sonetaku:20170816125635j:plain

このように、仕事の再開は残り時間がどれくらい残っているかで仕掛け方を変えるとタイムマネジメントが身につきます。ぜひ一度トライしてみてください。
 
そんなんで、よろV(^_^)V