そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

呑み会が嫌いな人でも2時間「あっという間に」乗り切れる。とっておきの魔法の言葉BEST3

そうなんですね、すごいですね、ホントですか。で上司との飲み会は乗り切れる
大学生の時に編み出した技を今でも使います。大学の頃は空手をやっていたので大学OBとの呑み会が多々ありました。20代30代の若手OBよりも呑み会の参加は50代60代と年配OBの方々が多く、そこで社交術なるものを学ばせてもらいました。みなさんかっこいいことにお酒を強要する人はいませんでした。しかし、それでも私は宴会が好きではありませんでした。合宿や厳しい稽古の後はしんどかったです。正直、帰りたい。疲れ切っていたので早く寝たい気持ちばかりでした。
 
振り返ってみると、それでも、若いうちから大人と接する時間を持ったことで社会に出た時にだいぶ楽でした。

f:id:sonetaku:20170814082711j:plain

その1つが、長い呑み会をやり過ごす3ワードを編み出したことです。大学生の頃からこの手を使って呑み会をやり過ごし、しかも、特別に空手の技術を教わったり、社会人になってからは別の席に呼ばれたり、仕事を受注したりと可愛がられてきました。さて、使ったのはたったの3つです。
 
そうなんですね「すごいですね」「ホントですか」
 
だけです。

f:id:sonetaku:20170814082927j:plain

上司の方がどんな言葉を言ってもこの3つだけで返します。
 
たとえば、
上司の方が「こないだゴルフに行ってさ」と始まれば、「そうなんですね」と返します。返す時のポイントは相手の表情を見て、いい話なら明るく「そうなんですね」と使い、スコアが悪そうだったのかなというような表情なら落ち着いたトーンで「そうなんですね」と返します。
どちらでもない時は普段話しているトーンで「そうなんですね」と返します。呑み会の席ではみんながみんな上司は話したい気持ちがMAXなので「そうなんですね」と返すことで気持ち良く話を続けてくれます。それを丁寧に聞きます。その時使う相槌は「そうなんですね」を使います。これだけで気持ち良く話してくれるんで便利です。特に、「そうなんですね」話を促す時に有効です。

f:id:sonetaku:20170814082949j:plain

2番目の「すごいですね」も同じように使えます。特に褒めた方が気持ちよさそうな時に多用しましょう。その時に同じ「すごいですね」でも抑揚をつけるだけで幅ができます。相手のテンションに合わせることがポイントです。
 
3つ目の「ホントですか」もいい場面でもネガティブな話の場面でも使えます。「ホントですか」は感情を乗せることで同じ「ホントですか」でも意味合いが変わります。また、「ホントですか」は驚きを表す時に非常に使い勝手がいいです。「ホントですか」と「すごいですね」を組み合わせて使うとさらに驚きを表現できるので、相手が興味を持ってくれていると感じてくれます。

f:id:sonetaku:20170814083029j:plain


こうして上手くかわしていなすようですが、実は、人の話を聞く上でとても有効な方法です。3つだけを使うことを意識することで自分が喋りすぎて相手の話を遮ることを抑えてくれます。また、話を聞くことに集中できるので相手に以前より興味を持ったり、前のめりで聞く姿勢が作れます。
 
ただの技術ではなく、相手の話を聞く時に常に使えるコミュニケーション術ともいえるので是非使ってみてください。
 
 
そんなんで、よろV(^_^)V