そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

もう通勤時間でイライラしない。ケース毎に対策を立てる

通勤時間をイライラせずに、さらに有効活用するためには会社に向かう時と家に帰る時で分けて考えましょう。
 
朝早く行って自由時間を確保しよう
会社に行く時は通勤で1番重要な点は、混雑時間を避けることです。
そのために、まず朝早く6時から6時半の電車に乗りましょう。この時間帯であれば比較的どの電車も混雑していることは少ないです。運よく座れることもあります。2時間通勤の方でも遅くとも8時半には着く計算となり、1時間から1時間半通勤の方は8時前には着くとします。

f:id:sonetaku:20170726085942j:plain

8時前に着いたことを想定して話を進めます。さらに、2通りに分けます。そのままオフィスへ行って仕事を進めるか、オフィス近くのカフェに寄るかの2通りです。どちらがいいというよりどちらも持っている、つまりカードを2枚切れることが朝のゆとりにつながります。

www.sonetaku.com

30分早く仕事を始めるか30分一人で過ごすかはその日その日の仕事量や案件によって自由に変更してください。
 
気分に左右されやすい人は曜日を決めて交互にカードを使うのがオススメです。具体的に何をやればいいのかといえば、オフィスならみなさん分かると思いますが、カフェで何をするのかピンと来ない方もいらっしゃると思います。
 
仕事前30分はリラックスか集中するかその日の仕事次第で決める
朝30分カフェへ行く場合は、これも2パターンに分かれます。リラックスするか集中するかの2択です。
 
 リラックスの場合は、ゆっくりコーヒーを呑みながら外の風景を観たり雑誌を眺めたり、一息つくことが目的です。一息つくことでスイッチが切り替わり、さぁ仕事行くぞ、と気合を入れることもできます。
 
 一方、集中の場合は、手帳に予定を記入したりプレゼンのアイデアを練ったり、その日の段取りを考える時間が目的です。一旦、一人で考えてから行動することで仕事の能率が非常に向上します。こういった作業はオフィスでは周りが気になってできないことが多いのではないのでしょうか。

www.sonetaku.com

 
朝30分のためだけにカフェ代がもったいないと思う方も、1日の作業効率が上がれば残業を0にして早く家に帰れます。仕事が終われば自由時間。この時間を確保するための300円。一度だけやってみてください。合えば、ぜひ続けてください。

f:id:sonetaku:20170726090232j:plain

帰りの電車はパーソナルジムにして節約しよう
さて、帰りの電車ですが、混雑していない時間帯はほとんどありません。
超満員とはいかないまでも混んでいると感じないことはあまりありません。座れたらラッキー、くらいに考え、帰りの電車は混んでいることを織り込み済みで乗車することが肝要です。帰りの電車は混んでいると諦めましょう。混んでいることを前提と考えることで混雑でイライラしたりするのを未然に防ぎましょう。

www.sonetaku.com

 
それよりも同じ疲れる状態なら、
日頃の運動不足を解消する時間に当てましょう。
 
 軽いスクワットをしたり、腹筋を凹ましてインナーマッスルを鍛えましょう。シンプルにただ立っていることも運動の一つです。お金を払ってジムへ行くより手早くできると思って、帰りの電車を有効活用しましょう。朝のカフェ代300円をここで回収しましょう。仕事の疲れで嫌になる気持ちもありますが、軽く体を動かすことでストレスが軽減されるだけでなく、健康にもつながります。決して激しい運動は必要はないので、帰りの電車を無駄にせず、有効活用するために小さな軽い運動を取り入れてみてください。くれぐれも周りの方の迷惑にならないように小さく軽い運動、持久系トレーニングに収めてください。

f:id:sonetaku:20170726090723j:plain

このように行きと帰りで通勤時間を分けて考えることで、電車に乗る心構え、準備ができます。そこではじめて通勤時間に何をやるか、やることができるのかと具体化します。
 
したがって、まず、行きは30分早く会社に着くことを目指し、帰りは運動不足を解消することを念頭に置いてみてください。そこからはじめましょう。この基礎がイメージできたら資格の勉強やTOEIC、読書と通勤時間でやることが具体化します。
 
次回は、具体的に何を通勤時間にやるかをお伝えします。
 
続きはまた明日☆
 
そんなんで、よろV(^_^)V