そねたくのThink Hack

日常生活に役立つ考え方と哲学に特化したニッチなさっちなブログ

目標は壁に貼ってしまえば、やる気が上がり達成する

目標が決まったらノートに書いたりSNSに投稿するよりも断然、自分の部屋の壁に貼った方が達成率が上がります。理由は、媒体を通さなくてもすぐに見れるからです。常に壁に目標があると目標がそこに存在するのが当たり前の生活になります。
 
生活の一部になってしまえば歯を磨くのと同じ感覚で目標達成をすることも日常化されます。もちろん気乗りしない時や面倒くさいと思う時もあります。しかし、そんな時にふと目に入る目標の壁が自分を奮い立たせてくれます。
 
やらないでいいのか? 
やったら前に進めるぞ。
 
とこんな感じで弱い自分を助けてくれます。

f:id:sonetaku:20170719091404j:plain

では、具体的にどんな目標にしているかというと1ヶ月単位の目標がメインです。今年1年や10年後の目標を貼っても抽象的になってしまうので、私は今月の目標を壁に貼っています。
 
たとえば、
 
英会話を30時間する 
投信のポートフォリオを検討し直す 
新しい料理を10種覚える
 
という風に、行動ベースで(〜する)多くて3つの目標を作ります。1つに絞った方が精度がさらに上がりますが、飽き性な私は3つほど複数あった方が、飽きたら別のこと、別のことと移れるので3つにしています。
 
ただし3つ以上になると誰しもどれから手をつけていいか分からなくなってしまい、何もしない空白の時間が長くなってしまうので、1月あたり3つまでにしてください。3つ以上ある方は翌月に回してください。
 
また、かりに目標が達成できなかった項目があった場合は、そのまま翌月に回すと嫌になってしまいます。だから、あえて後回しにしてください。
来月は来月で別の目標に取り組み始めることで達成できなかったことのヒントを得たりするので後々達成しやすい自分になっています。したがって、自分を責めずに翌月に持ち込まずに別のことにTryすることをオススメします。

f:id:sonetaku:20170719091434j:plain

最後に目標を書く時は紙いっぱいに太字で書いてください。太字で書くことで力強さが増すのでモチベーションの低下を防ぐことができます。ぜひ取り入れてみてください。
 
そんなんで、よろV(^_^)V