そねたく思考

    問題解決力と論理的思考力を鍛えるために「考える力」を磨く。        前向きに、深く考えたい人のためのブログ。

血液型は性格ではなく「価値観」血液型別価値観を公開

血液型によって性格を当てはめたりします。A型は真面目でB型は短気というような感じです。私は性格というより血液型は性格というより価値観だと思います。価値観、つまり、何を持って判断するか、その判断基準は何か。自分にとって何かを判断するときに何を基準としているかが価値観です。それが血液型によって分かれます。
 
早速、下記に一覧を載せましした。

f:id:sonetaku:20170813074143j:plain

血液型別価値観
A型 正しいか正しくないか
B型 好きか嫌いか
O型 楽しいか楽しくないか
AB型 損か得か

f:id:sonetaku:20170813074253j:plain

B型さんは好きか嫌いかで物事を判断します。だから、好きな人にはよくするし嫌いな人には徹底的に排除の姿勢を貫くので、評価が分かれるタイプです。O型さんは楽しいか楽しくないかで決めます。なので、一緒にいて楽しい人だったり、おおらかでいられる人や雰囲気にいようとします。価値観から考えると、B型とO型の相性がいいのは、好きな人には楽しくするし、楽しい方に動く価値観なら頷けます。

f:id:sonetaku:20170813074351j:plain

一方、A型さんは正しいか正しくないかで判断します。だから、B型さんO型さんとは合いません。彼らは楽しいことで一致しているので授業中にも仕事中にもその価値観を持ち込み場を荒らします。A型さんにとってはたまったものじゃありません。価値観に従って、間違っていると憤慨するのが当たり前です。よくA型さんは空気が読めないといいますが、場の雰囲気よりも事実何が正しいかを基準に考えるのでこれも納得です。

f:id:sonetaku:20170813074519j:plain

例外なのが、変わり者のAB型さんです。彼らは己の損得で動くので誰にも予測がつきません。楽しい空気が自分にとって得であれば中に入るし、損と分かればいつの間にか消えています。一見、トリッキーな動きと思われがちですが、価値観から考えると合理的です。神出鬼没でつかみどころがないAB型さんも価値観が損得だと知ると案外、理解できるようになります。
 
もちろん、すべてが該当するわけではありませんが往々にして当てはまることを期待して、みなさんの考え方のエッセンスの参考になればと思います。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

呑み会の幹事に選ばれても「文句をいわれない」ためのお店選び

私は呑み会や同窓会と幹事を引き受けることが多いです。
段取りの悪い宴会に行くのが嫌で、いっそ自分で企画してしまった方がいい会にできるというのがきっかけでした。
 
そんな私がつもやっているセッティング術をご紹介します。
呑み会の幹事になったら予算に合わせるだけでなく、参加する方々のお住まいを総合して一番アクセスがいい場所を考えてからお店を選ぶようにしています。面倒くさい作業に思われますが、
お店を選ぶ時に絞り込めるので非常に有効です。

f:id:sonetaku:20170812094612j:plain

また、季節によって食べ物のテーマで選ぶことで参加者の納得も得やすいです。酉年を祝って1月の呑み会は鳥料理屋さんに絞ったり、夏ならビアガーデンとお店選びをする基準を季節の定番に合わせると参加者から文句は言われません。

f:id:sonetaku:20170812094645j:plain

アクセスを調べて、さらに食のテーマをマッチングさせるとより厳選されます。しかし、どっちか片方だけ抑えれば十分に納得のいく理由を参加者の方々に説明することができます。この2つのポイントを抑えればお店選びで困らなくなるだけでなく参加者の納得度も上がります。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

負けず嫌いじゃダメだ。「勝ち好き」になれ 〜連載『熱くいこう!!アラサー男子論。』 

負けず嫌いだと引き分けを許す。勝ち好きになれ
 負けたくない気持ちはともすれば、戦わない選択を許すことになる。戦いに参加しなければ、負けることはない。これが1番ダメ。ネガティブな行動を許してしまう。
 
事なかれ主義や無責任な振る舞い。自分さえよければ。
誰かが困っていても動かない。フィールドに立たないでいようとする。
 
そして、そのことに気づかなくなる

f:id:sonetaku:20170809170820j:plain

もちろん、人生勝ち負けではない。しかし、負けず嫌いな人はその負けん気を社会に活かそう。負けない戦いをする。聞こえはいい。
 
だけど、負けない戦いなら引き分けでよしとしてしまう
 
負けず嫌いという言葉は負けがイメージしやすい。勝ちを目指した戦いをしてきたか。今の自分は満足しているか。自分に嘘をついていないか。
だったら、メンタルを変えよう。勝ち好きになろう。
 
スポーツで勝った時は嬉しくなかったか。
チェスやゲームでもいい。勝った時の喜びを思い出そう。
 
ボーリングでストライク取ったら嬉しい。

f:id:sonetaku:20170809170931j:plain

勝ちを目指そう
人を踏み台にするやり方ではなく、
自分が成長することで勝つことを目指そう。
 
それは毎日のトレーニングが必要だから、苦しい。分かっている。それでもみんなで変えていこう。
 
勝ちたい気持ちで乗り越えていこう。自分の足でフィールドに立とう。
 
意識をシフト。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

断捨離するなら、まず「もったいない」を捨てる

断捨離するならまず捨てるのは気持ちから
もったいないを捨てましょう。どうしても私たちはもったいないと思ってしまいます。後で使うかもしれない。
 
捨てるのが惜しい。その気持ちを捨てましょう。
その上で断捨離しましょう。心に響く大切なものだけを残しましょう。
 
机の中に2年前のファイルが残されてはいませんか?
冷蔵庫に謎の物体がいませんか?
 
月に1度は必ずモノを整理する時間を取りましょう。
 
捨てる力を強くしましょう。
 
断捨離する時は誰かにあげましょう。誰もこんなモノいらないというものでもたとえば、発展途上国などでは重宝されることがあります。

f:id:sonetaku:20170809084417j:plain

 
モノは最小限にして捨てるか譲りましょう
 
断捨離をしたり、もったいない気落ちを捨てることで決断力が上がります。選択する力が求められる今の世の中で、捨てる力が求められています。もったいない気持ちに向き合い、捨てましょう。譲りましょう。決断しましょう。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

飽きた時は「次へ進む」時。止めずに止める「進化する」

飽き性の人必見。飽きた時。それは止めどきです。
一旦、止まりましょう。一度止まって考えましょう
何がつまらないと感じるのかを感がましょう。パターン化しているとつまらないと感じやすいです。実はそこに成長のヒントが隠されています。
 
つまり、飽きたとは達成したということです。
 
できてしまっています
 
達成したからこそ感じる感覚です

f:id:sonetaku:20170808124053j:plain

何がつまらないのかを改めて考えてみましょう。
もし同じ作業の繰り返しであれば、それはその作業はもう出来ることの表れです。その作業は達成していると考え方をアップデートしましょう。
 
一旦、止まって考えるために、ノートに書き出しましょう。何ができてしまっているのかを把握すると、到達点と課題がはっきりします。
その結果、次へ進むことができます。

f:id:sonetaku:20170808124150j:plain

しかし、残念なことに次に進むために避けては通れないのが、修練です。
始めた時のようにまた努力の日々です。努力して技術や情報を手に入れなければなりません。苦労が多いのでやる気が起きません。しかし、進化と捉えるとモチベーションも上がります。
 
努力が面倒だったり飽きたからといって2度とやらないという選択をする前に一旦、考えましょう。

f:id:sonetaku:20170808124259j:plain

1つ乗り越えましょう。習得しましょう。
今、自分は進化の手前に来ていると考え直しましょう。
 
飽きた時は次に進む時。
 
道は暗く長い。されど、光あり。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

逃げても「自分」からはどうしても逃げられない。けど、

逃げるが勝ちもある
逃げ出したくなったら逃げましょう。つらい思いをしてまで留まる必要はありません。もちろん、何かを手に入れたいという場合は粘らなければならない場面はたくさんあります。しかし、もう辛い。辞めたい。逃げたい。
そう3回思ったら逃げましょう。
 
嫌なことをずっとやり続ける必要はありません。
 
逃げた先に自分を受け入れてくれる環境があるかもしれません。
少なくとも元の場所にいないで済みます。逃げましょう。 

f:id:sonetaku:20170804174307j:plain

分かっている。それで大丈夫
それでも、やはり自分からは逃げることはできません。
逃げて逃げて逃げ続けてもやっぱり自分には見られています。自分に落ち度はないか。あまりにも楽をしていないか。それは自分が一番知っています。誰かに何かを言われなくても自分の甘さは自分が知っています。そのことを頭の片隅に入れておく。その上で、逃げましょう。
 
そうすれば、誰かではなく、環境だけでなく、自分が自分で自分を救おうと努力します。一旦、逃げて、次の場所で自分で自分を助けてあげましょう。あの時、あの場所で嫌な思いをした過去の自分が未来の自分を助けてくれます。

f:id:sonetaku:20170804174507j:plain

追い込まず、他人のせいにしましょう。環境のせいにしましょう。
だけど、救ってくれるのは自分。そして、家族。親友です。
頭の片隅に入れておいてください。お願いします。
 

f:id:sonetaku:20170804174547j:plain

自分と自分の周りを大切にすることは働く以上にこれからも大切なことです。
逃げていい。しかし、自分からは逃げられない。
 
自分は自分を知っている。頭の片隅に置いて。逃げましょう。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

変わりたいと思ったら、一番「否定していること」を受け入れる

変わりたい自分を変えてくれるのは自分だけ
成長したい。成功したい。手に入れたい。何かを欲したら何かを捨てる決断をしましょう。自分が手に入れたい何かに見合うものを捨てましょう。
 
特に、「成長したい。変わりたい」という気持ちになったら
自分が1番否定していることを受け入れましょう。
 
これだけは嫌だ。納得いかない。
と思ってきたことを肯定しなくても1つ受け入れましょう。
 
これは自分は嫌だったけど好きな人もいる。
納得いかないことだけど現実に起こっている。
 
と否定していること自体の存在を受け入れましょう。今まで自分が否定することで自分の存在を守ることができていたことを受け入れるのは至難の技です。非常に心が傷む行動です。
 
変わることは決して簡単なことではありません。

f:id:sonetaku:20170804160024j:plain

変わるには変える
これしかありません。だから、まず自分が否定してきたことを受け入れましょう。とても苦しい行動ですが、1度受け入れてしまえば次の自分に変わっていけます。そこで、はじめて思考が動き始めます。
 
今まで否定していたことを解決しようと頭を働かせます。
 
どうすればいいのか?何がこれを解決するのか?
 
考えます。考えるからこそ、具体的な行動に繋がります。

f:id:sonetaku:20170804160209j:plain

変わりたいと思ったら1番否定していることを受け入れましょう。
 
等価交換。
 
そんなんで、よろV(^_^)V