そねたくの右向け左

なんだろう。こうだろう。そうだろう。

土日の朝がカフェのゴールデンタイム

ただカフェに行くと混雑に負けてしまいます。
 
時間帯が大きく左右します
13時から18時ごろは平日土日かかわらず混雑が予想されます。特に土日の日中は家族連れや待ち合わせと用途が多様化します。この時間帯は避けましょう。
 
そのため、土日は朝、午前中に行きましょう。混雑はなく、自分だけの時間が過ごしやすいです。
また、
平日は、家に即帰りたい気持ちを抑えて、仕事終わりはカフェに立ち寄りましょう。なぜなら、家に即帰ってしまうと仕事との境目が作れず惰性になってしまうからです。
 
しかし、カフェに立ち寄り、仕事と家との隔たりを作ることで家に帰った時に惰性でテレビを見たり何となく時間を浪費してしまうのが極端に減らすことが可能です。

f:id:sonetaku:20170612113009j:plain

とは言っても毎晩カフェに行くコストもかかるので、火曜日水曜日金曜日は行くといった具合にカフェの日を平日は週に2〜3日作るのが現実的です。ぜひ自分時間を取り入れてみてください。
 
カフェの過ごし方
基本的にカフェでは自分が好きなことをしてください。新しい営業戦略を練ったり企画を考えたりするだけでなく、PC作業や趣味のことや家族旅行を調べたりとその時々によって用途に合わせてください。
 
しかし、いきなり取り掛かるのではなく、コーヒーブレイクしてください。
10分15分好きなだけ一息ついてください。一息つくのがカフェで自分時間を過ごす大きなメリットです。ゆっくりとゆ〜っくりと一息ついてください。正直、平日の仕事終わりの立ち寄りなら一息つくことだけを目的にしてもいいくらいです。時間に追われず焦らずイラつかず一旦リセットする、そんな自分時間の過ごし方はとても充実します。
 
土日の朝や平日のもうひと頑張りの場合、一息ついてから取り掛かった方が本当に家や会社で残業するよりもよっぽどスムーズに進みます。あっという間に1時間や2時間と過ぎてしまいます。

f:id:sonetaku:20170612113337j:plain

コーヒーが無くなっても粘るのは大人として考えものです。飲み終わっても作業を続けるのであれば、300円前後ともったい気持ちを抑えてお代わりしましょう。
 
オススメなのは、コーヒーがなくなったら帰るスタンスにすることです。1時間や2時間頑張ると決めるより、この方が時間に縛られずに自分時間を過ごせます。大きめサイズを注文すると気持ちにも余裕が持てるので、より肩の力を抜いて自分だけの時間を過ごせるようになります。
 
値段は100円前後と高くなりますが、カップの大きさは2倍3倍となるので飲み干すかどうかは置いといて費用対効果は高い計算になります。コーヒー飲み終わるまでがカフェ時間。大人のマナー、お忘れずに。
 
続きはまた明日☆
 
そんなんで、よろV(^_^)V

忙しい人のための自分時間の作り方

会社終わりと土日の朝
お金だけでなく時間も貴重です。
最近は時間の大切さが富に取り出されています。
 
私たちは日々、仕事に費やす時間が1日の大半を占めます。さらに、仕事に付随する通勤時間に飲み会と多くの時間を割いています。その一方で、家族や友人との時間をシェアすることが減ってしまっています。
 
それ以上に確保するのが大変なのが、
 
自分だけの時間です。
 
たとえ確保できてもついついテレビやスマホに手が伸びてしまい、
本当にやりたかったことをやらずにあっという間にこんな時間となってしまうことがたくさん。
 
そこで、今回は、自分の時間を確保してやりたいことをやる方法をお伝えします。
 
すごく簡単です。
 
カフェに行く

f:id:sonetaku:20170612111709j:plain

 

それだけで可能です。お金を払ってカフェに行くくらいなら、
家でやりたいところですが、
 
実は
 
家でやらないことがポイントです。
 
家はやっぱりリラックスしたりダラけるための場所です。
その場所に仕事や勉強を持ち込むにはメンタル面で無理があり、
集中できません。
 
MY CAFEを作ろう
だから、外に出ましょう。仕事や勉強だけでなく、料理やDIYの家でしかできないことも調べたりする時はカフェに行きましょう。しかし、図書館だと静かにしないといけないのでプレッシャーがかかるのでオススメしません。その点、カフェだと大声で話したり迷惑をかけなければ自由に過ごすことができ、気にならない程度の耳ごごちのいい音楽がかかっているので、

f:id:sonetaku:20170612112108j:plain

仕事や勉強や作業だけでなく、企画や執筆など創作にも適しています
どのカフェでも1番気に入ったところがベストだと思いますが、
面倒な方は住んでいるところから近いカフェをmy cafeにしてください。
やってほしくないことが毎回場所を変えることです。
出先で立ち寄る場合でない限り、自分時間のために行くのであれば毎回同じ場所にしてください。毎回場所をあれこれ考えると時間のロスになります。余計です。
 
しかし、飽きたりどうしても集中できない時もあるので、my cafeを決めたら2番手3番手を持っているのはいい手です。
 
基本はmycafeに行くスタンスで、ダメ無理飽きた時の保険に他を用意しておく。こんなイメージで捉えておいてください。毎日通うと顔が覚えられて恥ずかしいと思いますが、案外店員さんはその辺は配慮してくれてそつなくこなしてくれます。
 
Don’t be shy!!
 
続きはまた明日☆
 
そんなんで、よろV(^_^)V

最後の一押し!先延ばしを防げ! メンタルもほんの少しは必要 

先延ばしは本当に強敵です。

後でにする気持ちだけでなく、否定的な気持ちも生みます。乗り越えるためにも仕組みだけでなく、メンタルを厳しく育てる必要もあります。そこで、今回は、最初の一歩として3つだけ頭に入れておいてほしいことをお伝えします。

 

大事な訓示 1 先延ばしさんの最凶種は、一気にやる人 

いつもギリギリになって最後に一気にやって間に合わせて来た人いませんか?

期限前日に一気にやって何とかなる。今まで何とかしてきた。

そういう方こそ実は今大きな壁に憚られれている。そのように最近、富に感じます。当てはまる人は、誰かに伝える必要はないので、そんな今までの自分のスタイルを受け入れましょう。

f:id:sonetaku:20170608170915j:plain

器用貧乏でいつまで経っても同じレベルをグルグル回るのは飽きたでしょう。今日からは期限を自分で設定してよりよい成果物を作りましょう。

自分の頭の中が整理され、周りの方にも説明がつくようになります。

 

大事な訓示 2 変わりたいなら変えろ。そして、真剣に取り組む 

たしかに先延ばしは爬虫類脳が原因です。しかし、だからといって何もしなければ何も変わりません。変わろうと決めたら自分で自分を変えましょう。誰かや何かを変えるのではなく、自分を変えましょう。

f:id:sonetaku:20170608171322j:plain

どう変えるかというと真剣に取り組む。このことに尽きます。

変化を求めると、うまくいかないことがたくさんあります。しかしそれでも真剣に取り組むことで少しずつ光が見えてきます。

自分で立ち、自分の道を作りましょう。

 

大事な訓示 3 調子が悪い時は粘っても無駄。小さな出来ることだけやる しかし、実際そうはいってもできない時はできません。うまくいかない時はうまくいかない。そんな時は、拘らずに思い切って捨てましょう。

f:id:sonetaku:20170608171436j:plain

どうしてももったいないと感じる時は、付随する小さな出来ること(調査、比較、確認、連絡など)だけをやるか、別のことに移りましょう。感覚的なことですが、真剣に取り組むことで塩梅が少しずつ分かってきます。既に過去の経験でイメージがつく方は上手に自分をコントロールしてください。

 

そんなんで、よろV(^_^)V

後回しはもうやめる!!小さなトレーニングをご紹介

先日より先延ばしを防ぐために作戦を3つ紹介しました。

もちろん、作戦だけではなく、実践が必要です。そのため今回は、知識を自分のものにするために実際のトレーニングをご紹介します。トレーニングを通して先延ばしをしない習慣を体感していきましょう。

ハードルは低いものだけです。何もベンチプレスを100キロ上げたりフルマラソンをしましょうといった類のものではありません。小さなことです。この小さなトレーニングを積み続けることで先延ばし習慣をなくしていけます。

 

継続のためには小さなことをコツコツと具体的に

f:id:sonetaku:20170608165612j:plain

下記にて先延ばし防止の小さなトレーニングをご紹介します。

 

トレーニング

1 メールやLINEはすぐに返す
プライベートも含めて連絡は後回しにしがちです。放置せずにすぐに返しましょう。後回しにしない力が少しずつ養われていきます。
 
2 夜寝る前のストレッチを取り入れる
寝る前にストレッチをすることで1日に区切りをつけましょう。ストレッチをすることでより睡眠が深くなります。しっかり寝ることはとても大切です。
 
 机や部屋を片付ける、元の位置に戻す
片付けをすることで小さくても行動する癖がついてきます。配置にも拘り、必ず元の位置に戻しましょう。
 
4 タスクのみえる化
スケジュール帳にタスクを記載すること自体も一つの主体的行動です。何をやるべきか頭ではなくスケジュール帳に覚えてもらい、ど忘れを防ぎ、タスクの視える化をしましょう
 
5 3クリックだけ事前に調べる
仕事だけでなくプライベートも事前に調べましょう。しかし、事細かに調べる必要はありません。インターネットでキーワードになりそうなことを打ち込み、3クリックだけ。それだけでも何も調べない時より主体的に取り組む癖がついていきます。
 
6 社内での急な依頼ごとはすぐに取り掛ける
依頼ごとは依頼されたらすぐに目を通してボリュームと内容を確認しましょう。そして依頼者に期限を聞きましょう。他に取り掛かっていることがあっても依頼を依頼者がいる前で確認し、内容と期限を聞きましょう。

f:id:sonetaku:20170608165700j:plain

 
トレーニングの紹介は以上です。もちろん、上記全てでなくても構いません。

 

オススメは1のすぐに連絡を返すことです。これなら誰でもできます。
連絡が来たと気づいたらすぐに返しましょう。放置せず、すぐに返すことで先延ばし癖を打破しましょう。他にも取り組みやすいことがあれば、取り組みやすいことから始めてください。

f:id:sonetaku:20170608165801j:plain

 
大切なことは行動に移す小さなトレーニングを積むことです。
 
そんなんで、よろV(^_^)V

先延ばしを防げ!作戦3・家事こそ最高のキックオフ

作戦3では朝頭を働かせやすくする方法をご紹介します。

まず、避けてほしいことが朝起きてからいきなりハードルの高いことをやることです。スポーツと同じで頭も準備運動をしないと急な眠気に襲われたり疲れやすくなります。

 

そこで、頭の準備体操としてオススメなのが朝の家事です。

f:id:sonetaku:20170608162632j:plain

何となくテレビを観たりニュースをチェックするのではなく1日のスタートを主体的なことから始めることがポイントです。

家事がオススメな理由は受動的ではなく主体的だからです。脳トレゲームはパターン化している場合が多く、一説にはゲームがうまくなるだけで頭が回転しないという話もあります。また、脳トレは日常にどうしても必要かと言われれば特殊な場合を除いてなくても困りません。

 

その点、掃除やお皿洗い、洗濯は毎日必要なことです。

f:id:sonetaku:20170608162605j:plain

しかも成果が目に見えます。部屋やキッチン、トイレが毎日清潔で整っていると気持ちもスッキリします。もちろん毎日すべてやる必要はないですが、日によってスケジュールを組んで取り入れてください。

長くても毎日5分から30分以内になるように組み立ててください。あまりハードルを上げずに毎日必要で小さな出来ることをやることがポイントです。

毎朝、家事を通して少しずつ頭を起動させることで主体的にかつ行動力を持って今日1日を過ごせるように変化します。

 

そんなんで、よろV(^_^)V

先延ばしを防げ!作戦2・最重要なコトはAMにとりかかる

今回は、今日1日にフォーカスし、先延ばしを撃退していきましょう。

日々、仕事だけでなく家事や育児、趣味や交際とたくさんのことを抱えています。そこにさらに資格の取得や副業などに挑戦しても忙しくて何が何だかパニックになったりしませんか。

せっかく頑張ろうと思っても忙しくてそこまで手が回らない。

取り掛かっても思うように進まない。また、その日の気分によってなかなか重い腰が上がらないといったこともしばしば。

こうなると後でにしよう、明日にしよう、今のままで何とかしようと負のサイクルに陥り、結局やらず仕舞いに終わってしまいます。

 

こうならないように、今日1日に毎日優先順位を決めましょう

何が今日最も重要か朝起きてからスケジュール帳を開いて確認しましょう。

f:id:sonetaku:20170608155959j:plain

 

優先順位を決めてから最も大切なことは

 

いつ取り組むのかです

 

そこで必ず守ってもらいたいことは1番重要なことは午前中に取り掛かかることです。「気分が乗ってからではなく、1番大切なことは最初に取りかかる。これが優先順位を決める本当の価値です。

 

もちろん、お客様とのアポイント等どうしても第三者と関わることは不可能です。時間に拘束される場合は優先順位第2位のタスクに取り組んでください。

  

なぜ、1番大切なことを午前中に取り組むかというと、理由は3つです。

 

1.自分の時間を確保、コントロールしやすい

2.頭が冴えている

3.1日に価値を生める

 

この3つです。1つずつ理由を掘り下げていきます。

 

散漫にさせない、集中力を上げる 

まず、1.自分の時間を確保、コントロールしやすいことについてお伝えします。仕事をする上でもプライベートでも朝8時と午後13時過ぎとではどちらが電話応対など第三者と関わることが多いですか。海外取引など特殊な場合を除いて午後の方が圧倒的に多いはずです。午後を過ぎてしまうと他者と時間を共有することが多くなります。そうすると重要なことに取り組もうにも遮断中断がやもえず、注意が散漫になってしまいます。その点、出社前や午前中といった第三者との関わりが少ない時間帯は自分だけの時間が確保しやすいです。

その時間だけがチャンスです。社内外の会議や顧客とのアポイントがそもそも少ない。その時間帯だけが集中できるゴールデンタイムです。だから、午前中という貴重な時間帯に雑務を費やすのはやめましょう。雑務こそ15分以内の午後の隙間時間に取り組みましょう。

f:id:sonetaku:20170608160052j:plain

 集中力をさらに高める方法あります。

形式ばった会議のように何時に始めるかではなく、

自分のタスクを何時に止めるかを決めると集中力が高まります

何時までに終わらせるかと切り上げる時間を決めることで生産性が上がります

当然、先延ばしを防ぎます。

f:id:sonetaku:20170608160250j:plain

 

交感神経を味方に 

続いて、2.頭が冴えていることについてお伝えします。

朝は交感神経が働くので、頭も体も活発に働くように人間の体はできています。一方、夜は副交感神経が働き、構造的にリラックスさせようという動きが発生します。また、夜は判断力も低下し間違いを起こしやすいです。だから、残業や徹夜は非効率でかつ効果がほとんど見込めません。取り組んだ時間に比例して仕事や日々の質は向上しません。むしろ、夜遅くまで働くことを許してしまうといつまで経ってもいたずらに引き延ばしてしまう癖がつきっぱなしになったままとなり、結果として睡眠時間も短くなり、朝起きてボーッとしたまま出社する負のサイクルになってしまいます。

したがって、これからは大事なことは夜ではなく午前中に集中的に取り組みましょう。私たち人間の構造を上手に利用しましょう。朝どうしても頭が働かないという方は、まず寝てください。焦らずにしっかり睡眠を8時間取ってください。

 

達成感。自分を褒める 

最後に3.1日に価値を生めることについてお伝えします。

一言で言えば、達成感。今日1日の達成感がモチベーションとなり、また頑張ろうと前向きに取り組めるようになります。というのも、毎日毎日代わり映えがないのが日常です。その日常に毎日達成感があれば、毎日が充実していると感じられるようになります。だから、午前中のうちに1番大事なことをやるのがオススメです。なぜなら、今日1日を振り返った時に何に取り組んだかをはっきりと思い出せるからです。私たちの記憶力は曖昧で今日何をしたか、何を食べたかを思い出すのに時間がかかったり、多すぎると思い出せません。しかし、常に一定に毎日同じものを食べたらどうでしょうか。すぐに答えられると思います。ここを応用します。つまり、1日に1番大切なことを午前中にやることで、毎日、今日何をしたかをすぐに思い出せるようになります。

f:id:sonetaku:20170608160139j:plain

 

今日私は何をやったかを思い出し、

自己承認欲求を満たすことで達成感を感じることができます

いい記憶の蓄積が日々の充実につながります。

 

毎日自分を褒めて、ニヤけてください。

 

続きはまた明日☆
 
そんなんで、よろV(^_^)V

 

 

先延ばしを防げ! 作戦1・lifelineを自分で決める。

仕事や試験、終電や賞味期限と何かと期限があります。

期限は、決め”られ”ている受け身。

たとえば、学期末試験の日程を生徒が決めることはできませんし、もちろん、自分の都合で変更することもできません。

 

受け身だからっといって決してデメリットではありません。期限が決まっているおかげで「やらなきゃいけない」そう思って、重い腰も上がります。

 

しかし、やりたくないことを嫌々やっても、つまらない。ましてやりたくてやっている人には敵いません。決して、誰かと競って打ち負かせと言っているわけではありません。

 

自分に打ち克ってほしい

 

f:id:sonetaku:20170608153849j:plain

 

自分に克つ。

先延ばしに勝つ方法はあります。

 

自分で期限を決めることです。

 

自分でこの日までに完成させると決めましょう。

自分で決めた期限をlifelineと呼び、誰かに決められた期限(=deadline)と区別しましょう。自分で決めることで主体性が芽生えるだけでなく、仕事などアサインされたことを期限よりも前に自ら設定し、課すことで先延ばしを防ぎます。ここが非常に重要です。しかし、机上の空論になってはいけません。

一旦、業務量と自分のスキルを照らし合わせましょう。

f:id:sonetaku:20170608153942j:plain

 

例を出してお伝えします。1週間後に提出を依頼されたことを2日で終わらせると自分でlifeline(=自分の期限)を決めてください。たとえなので人によっては4日でも構いません。

 

期限よりも前に自分で完了させる日を決めてもらえればそれで構いません。

期間を短くすることで頭がフル回転します。私たちの脳は、そこではじめて何がキーになるか、早く完了させられるかを考えます。

 

さらに、期限前にlifelineを持ってくることで

アサインされた期限までまだ1日分時間に余裕を持てることもメリットです

この余った時間に自分で見直したり確認したり、上司や周りの方の意見を聞き、成果物の精度をあげましょう

 

以前は期限ギリギリになってやったり後回しにして忘れてしまったりしたかもしれません。しかし、これからは違います。

 

自分で期限を決めましょう。これだけで仕事に自主性を持って知恵を働かせて周りをも巻き込んでいけます。そして何よりも「1週間後だからいいや」と先延ばししている場合ではなくなります。

f:id:sonetaku:20170608154128j:plain

 

期限の前日が私の期限deadline 

さらに先延ばしを防ぐためにオススメなのが与えられた期限を守るのでなく、常に与えられた期限の前日に完了させると決めるとさらに効果が高いです。ゆっくりとミスや漏れがないか最終チェックしましょう。提出日は余らせましょう。

 

整理します。

 

分かりやすくするために、期限前日を私のdeadlineと呼びましょう。

 

図に表すと

Ex)1週間の場合

アサインされた日(今日)→Lifeline(3日後)自分の中で完成させる
→my deadline(6日後)提出する→deadline(7日後)本来の提出日=余らせる

 

仮に1週後が提出期限だとします。

まず、lifelineを4日以内に設定します。deadlineは7日後。期限の前日の6日後がmy deadlineになります。自分自身の中で、この日までに完了させてないと期限切れと意識してください。

f:id:sonetaku:20170608154256j:plain

 

このようにdeadlineを前日に持ってくることで

意図的に先延ばしを減らすことが可能です。また、万が一忘れていた場合も間に合わせる可能性を残せます。期限を自分で決めるとメリットが多いはず。提出する前に見直しする余裕が生まれます。ひっちゃかめっちゃかにならないように、そして、先延ばし癖をなくすように実践を積んでいきましょう。

 

続きはまた明日☆

 

そんなんで、よろV(^_^)V